ディスクロージャー・ポリシー

1.ディスクロージャーの基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様に、当社の経営方針、事業活動状況、財務情報等に関する情報を、公平・迅速・正確に提供することを基本方針とします。

2.情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の諸法令及び東京証券取引所の規則に準拠し、適時開示を行ってまいります。また、あらゆるステークホルダーの皆さまに当社をご理解いただくために重要あるいは有益と判断される情報については、積極的にかつ公正に開示いたします。

3.情報開示の方法

会社法、金融商品取引法等の諸法令及び東京証券取引所の規則に該当する情報の開示については、それぞれの法令や規則に従い、TDnet(Timely Disclosure network:適時開示情報伝達システム)において公開いたします。公開した情報については、できるかぎり速やかに当社ホームページに掲載いたします。

4.インサイダー取引の未然防止

インサイダー防止等につきましては、情報開示規程、インサイダー取引防止規定、コンプライアンス規定等を制定し、未然防止に努めております。適宜、研修会の開催や関連資料を配布することで全役職員に対する周知徹底に努めております。

5.将来の見通しについて

当社が開示する業績予想、見通し、方針や計画等に関する情報は、当社がその時点で入手している情報による当社の判断および仮定に基づいており、リスクや不確実性が含まれております。
実際の業績は、様々な要因により、これらの業績予想や将来情報とは大きく異なる可能性があります。

6.沈黙期間について

当社は、原則として、決算日(中間を含む)から当該決算の業績発表日までの間は、沈黙期間として、当該決算の決算情報に関するコメント及び問い合わせへの回答を控えさせていただきます。ただし、決算数値に影響を与える経営関連情報の開示を行う場合はこの限りではありません。